ゆりゆりが綴る☆本日のアウトプット☆

今日の出来事や感じたことを思うがままに綴る

連休ボケが抜けない

今週は月・火とお休みをいただき、先週の土曜日から5連休で家族のいる九州へ。旅行支援を利用して大分旅行を堪能してきた♨🏯🍶⛩

なので、木・金のみ仕事をしてすぐに週末。ということで若干連休ボケが抜け切れていない状態。それだけ充実した時間を過ごし、満喫できたということで♪(´▽`)

まあ徐々にね(;^_^A

旅行中に前回借りた本も読み終わったので、新たに3冊お借りしてきた。

  • 『特許やぶりの女王 弁理士大鳳未来』/南原 詠 ⇒ 2022年・第20回「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。今日早速少し読んだけど、難しい題材だけど分かりやすく書かれていて、おもしろそう。特許って複雑で取っ付きにくいけど、興味のある分野ではあるので楽しく学べればよいなと。
  • 『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』/木下 龍也・岡野 大嗣 ⇒ 以前読んだ『図書室のはこぶね』に出てきて、面白そうな短歌が紹介されていたので速攻で予約した本。短歌って古典のイメージで理解が難しそうな印象だけど、この作品は「男子校高校生ふたりの七日間をふたりの歌人が短歌で描いた物語、二一七首のミステリー」という、なんともキャッチーで興味深いコンセプト!どんな感じで展開されるのか楽しみ🎵
  • かがみの孤城』/辻村 深月 ⇒ 2018年本屋大賞受賞。今年12月には劇場アニメが公開予定。元々、辻村さんの作品は好きだけど、話題作ということもあり、ずっと読みたかった一冊。

今回の3冊はなかなかバラエティーに富んだディープな作品のラインナップとなった。これで、おうち時間と移動時間を充実させることができるぞヽ(^o^)丿